blog

2020-12-15 23:49:00

シャスタ光のセミナー

12月15日射手座の新月、そして日食に合わせてシャスタ山の麓、シャスタクラブのヒデさん、治美さんの「シャスタ光のセミナー」Zoomセミナーを受講しました。シャスタ、シャスタクラブには2018年の2月に訪れた思い出の場所。念願のシャスタ、そしてそのエネルギーを存分に味わえた素晴らしい旅行だった。その時にお世話になったのがシャスタクラブ。宿泊した部屋から見えるシャスタ、シャスティーナが最高だった。

 

さてさてセミナーに話を戻すと。セミナー直前にシャスタ山上空にクラウドシップが現れたとのこと。その写真を見せてもらった。

治美さん曰く、「テロスも応援してますよ!」 立派な大きなクラウドシップ。肉眼で見たい🛸!!

 

今月は

12月15日ー射手座の新月。日食

12月21日ー冬至。惑星のグレートコンジャンクション

12月22日~ グレート ミューテーション 「土の時代」から「風の時代」へ切り替わる

 

射手座は、旅、冒険、好奇心、探究心、哲学に象徴され、今後やりたい事が最短で具現化するようになる。早く新しい扉を開けたもん勝ち!ということ。この事は先の洋子ヤマグチさんのZoomお茶会でも話されていたこ全く同じ。洋子さんも「決断して行動すると直ぐに具現化するようになります!」とことだった。

 

惑星のグレートコンジャンクションは土星と木星が800年ぶりに一直線に並ぶらしい。

 

星それぞれに性格があり、

土星は努力、忍耐の星。頑固で、~であるべき、厳格、知恵、努力。一方、木星は幸運、発展、若い、イケイケ、ワクワク、拡大、自由などの特徴がある。この全く性格の違う二つの惑星が一直線に並ぶことになる。とういうことは概念を壊すような出来事、今までになかったような事が起こる。

 

魚座から射手座へ、そして「土」から「風」の時代へ。

 

「土」ー目に見えるもの、物資、お金、学力、肩書き、資格

 

「風」ー目に見えないもの、個性、自由表現、情報

 

「土」の象徴であるピラミッドの社会、会社、組織、システム。それが「風」の時代の軽やかなエネルギーで自由、個々のエネルギー、そして平等へシフトしていく。

 

つまり常識や価値観が大きく変わることを意味する。

 

そして同時進行している地球のアセンション。実は7回目のトライらしい。その地球のアセンションを手助けするにも地球に住む我々人間は高い周波数で過ごすことが大切。

 

歌ったり、踊ったり、ヨガや太極拳をすることでも周波数が上がるらしい。もっと日常的に言えば感謝したり、寛大な心でいたり、無条件の愛で溢れたり、それらの全てが自分の周波数を上げることになり、結果地球のアセンションの手助けをすることになるのだそうだ。ふむふむ。個の力って軽視出来ない、一人一人が地球にとって出来る事ってあるんだな~って感じた。

 

そのあとアメリカ大統領選挙の話を少ししていただき、参加者の方々の質問タイム。

 

最後にもう一つ、なるほど!って思えたのがコロナウィルスに関すること。

Covid-19(新型コロナウィルス)の周波数は5.5hz。そして25.5hzを超えると死滅するらしい。だから我々も自分の周波数を高く保てばコロナには感染しない!ってこと。メディアが毎日コロナのニュース流して人々の不安を煽って周波数下げてるからコロナの勢いが衰えないのでは?と思ってしまう。

 

冬至に向け、そしてその後の意識の持ち方って本当に大事なんだな〜。

 

懐かしい2018年の2月にシャスタへ行き、シャスタクラブに滞在した時の写真。シャスタクラブのバルコニーでヒデさん、治美さんと一緒にパチリ📷。背景はもちろんシャスタ山(シャスタ、シャスティーナ)

 

 

 

#スピリチャル#テロス#シャンバラ#風の時代#グレートコンジャンクション#具現化#シャスタ#シャスタクラブ