blog

2021-05-15 00:02:00

フィボナッチ音叉、惑星音叉について。

今日はフィボナッチ音叉、惑星音叉についてちょっと書いてみようと思います。

 

初めてフィボナッチ音叉、惑星音叉というものを聞いた方に簡単に説明します。

まず惑星音叉とは太陽系の惑星、地球、月(新月、満月)、水星、金星、、、、、冥王星、天王星などそれぞれの星の周波数のできた音叉になります。各惑星の音叉にLow, Mid, High の音程、そしてチャイムと言うがあります。フィボナッチ音叉は地球(水バージョンもあります)の周波数をフィボナッチ数列で9本セットで作られた音叉のことを言います。

 

Acutonics社の惑星音叉、フィボナッチ音叉を使った施術の理論は、占星学、中国医学、経絡、陰陽五行を融合されたものです。簡単に言えば特定の惑星の周波数(エネルギー)を経穴(ツボ)に当て、その周波数を身体の内部全体に共振共鳴させて施術すると言うものです。フィボナッチ音叉は周波数の低い方から2本ずつ奇経八脈のツボに当てていきます。ホームページのフィボナッチ音叉のページに詳しく説明していますのでご参照下さい。

 

Acutonics社の惑星音叉の学びは、2018年1月のニューヨークから始まりました。その後キャンモア(カナダ)、デンバー、そして東京と各地でのセミナーに参加して学びを深めました。

 

それらのクラスで教えてくれたのは尊敬するRon LaPlaceErin Taylorの両氏です。Ronは今Acutonics社から離れ、SpiriTec社と言う会社をスタートさせています。そのSpiritTec+Soundシステムは先日サロンへ導入しました(ブログ記事)。ですのでRonとは今も頻繁に連絡し、先日のFibonacci Process by SpiritTecの2日間のオンラインセミナーにも参加しました。こちらの技術も素晴らしいので今後沢山の方に体験していただきたいと思っています。

 

Erinもフォローアップクラスをオンラインで開いてくれているので、引き続き毎月教えてもらっています。

 

両氏ともカナダ在住です。日本とカナダという距離も関係なくオンラインで繋がれる良い時代です。世界どこにいてもオンラインでクラスを受講出来るのは良いですね。ただ海外だと時差の問題があります。先日のRonのクラスは日本時間の真夜中から朝までだったので結構ハードでした😅

 

先日のErinのクラスでの話を少しシェアしたいと思います。

参加者はデンバーのクラスで一緒だった仲間ですが、既に日々施術している参加者からの症例に関する質問も多く、それに対してErinがプロトコル(施術手順)をレクチャーしてくれます。今回もいくつかの症例に対するプロトコルを学びました。

 

質問の一つに、地球の自転速度が早くなっているとニュースになっていて、それが人間に及ぼす影響はありますか?というものでした。地球の自転速度が早くなったのと地球のアセンションと何か関係あるのかなとふと思いましたが、実際どうなんだろう?🤔

 

それに対してErinの答えは、実際に自転速度は早くなっていて、シューマン周波数も上がっているとの報告があるとのこと。そしてそのことは実際松果体バランスや、松果体から分泌されるメラトニンにも影響が出て、生活リズムが乱れ、不眠症や睡眠障害の人が多くなっているとのことでした。地球上の生き物である人間のリズムは地球が大きく関係しているということだと思います。

 

惑星音叉を使って松果体のバランス、生活リズムを調整するプロトコルを教えてもらいましたので、今後サロンのセッションにも活かして行きたいと思います。

 

クラスではいろんな症例への対処方法を学び、その知識は日々のセッションに大い役に立っています。

 

これからもRon、Erinから音叉の可能性、周波数、波動でどういう世界をクリエイト出来るか、沢山学んで行きたいと思います。

 

 

#fibonacci #tuningfork #planetaryfork #フィボナッチ音叉 #惑星音叉 #音叉ヒーリング #周波数 #松果体調整 #松果体バランス

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング